早い段階でピロリ菌を治療したい

2016年7月3日治療 Standard

少しでも胃の痛みを感じたり

もしピロリ菌によって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発症すれば、必ず痛みを伴うことになります。
ただ、ある日急激に痛みを感じるということは稀で、必ず前兆が起こるものなのです。
胃の調子があまり良くない、食欲が湧かないなど、そういったことが前触れが起こるのです。
その段階で検査をしてもらいピロリ菌を除去できれば、本格的な胃潰瘍が生じる前に防ぐことができるのです。

薬での治療がメイン

ピロリ菌は、基本的には薬での治療がメインとなります。
医師の指示の元で、正しい方法で薬を服用することによって、ピロリ菌を除去することができるのです。
もちろん、あまりに症状が重い場合は、入院や手術が必要になるケースもあるので、そうなる前に検査で発見して治療することが重要なのです。